禁煙は飴よりもガムが効果的?ヘビースモーカーだった僕が成功できた方法

禁煙が成功できた未分類
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、以前は1日1箱のタバコ消費していたこーやんです。

 

愛煙家にとって肩身が狭くなってきていますね。

それは、2020年4月より施行される受動喫煙対策です。これまではマナーで守られてきましたが、これからはルールで決められるようになります。

受動喫煙対策の内容は主にこんな感じです。

  • 施設で屋内が原則禁煙になり、もし喫煙室を設置する場合には標識を掲示する義務があります
  • 20歳未満は喫煙エリアへの立ち入り禁止です
  • 喫煙室には標識の設置が義務になります

タバコが吸える場所を探すだけでも時間もかかってしまい、一苦労してしまいますよね。

 

タバコがやめれるのならやめたいよ・・。

タバコはやめることができます!

 

なぜかというと、1日1箱10年以上だったヘビースモーカーの僕でもタバコをやめることができたからです。僕自身でも禁煙成功できるとは思ってもみませんでした。

 

そんな僕と一緒に禁煙を始めた友人がいました。

その友人は飴で禁煙しようと試みましたが、諦めてしまったことで我慢していた部分が爆発して、さらにタバコの本数が増えていました。そんな失敗した知人がたくさんいます。

 

受動喫煙対策がまもなく施行されるのにやめることができない!

そこで今回は、2020年4月の受動喫煙対策までに禁煙を考えている人に、僕が成功した禁煙方法をご紹介します。

スポンサーリンク

食事よりもタバコが好きだった時代

禁煙で飴

僕はタバコをやめてから10年以上経過していますが、今では吸いたいと思いません。全くです。

むしろ、喫煙スペースを通ると煙が臭くて息を止めるほどです。

 

そんな僕でも以前は約10年間、食事よりもタバコが無いと生きていけないような生活でした。

朝起きてすぐに1本のタバコを吸う

仕事の通勤途中で1本

午前中の休憩で2本

お昼ごはん後に3本

午後の休憩で2本

仕事終わりに2本

帰宅中に2本

夕食後に3本

就寝までに4本

これ以外に飲み会への出席や外食があると、1日20本のタバコでは済まなくなり、40本以上になるほどでした。明らかにタバコが無い世界が考えられませんでした。

 

そんな生活でも健康になりたい気持ちがあったので、禁煙への挑戦を5回ほど頑張りました。

セラピー本読んだり、タバコのニコチン量を軽くしたり。しかし、1週間ほどで全て失敗・・。

 

本屋さんで販売されている禁煙本を読んで試しましたが、全敗でした。

自分の意思にも負けたのです。

 

本屋で見つけた方法で失敗したのだから、自分の意思と独自の方法でやるしかない!そう思ってある方法を試した結果、成功することができました。

今ではタバコをやめることができて本当に良かったと思っています。

タバコは人間にとって不必要

タバコは要らない

まず、タバコはあなたにとって必要不可欠と思ってはいけません。

禁煙する前にその考えを変えないと元通りになってしまいます。あなたが初めてのタバコを吸い始めたのは、何かのきっかけが必ずあるはず。

それを思い出してみてください。

  • 友人に誘われて吸ってみた
  • タバコを吸っているのがカッコよく見えた
  • タバコでリラックスしている人を見ていて興味があった
  • 喫煙所に上司がいて、コミュニケーション作りのためだった

そのきっかけがあって今でもタバコを吸っているのがほとんどで、生まれた直後にタバコを吸っている人は誰一人いません。

生まれた直後の赤ちゃんはタバコを吸いませんよね。

 

ということは、タバコが無くても生きていけるのです。

タバコは空気のように吸うので、無くても大丈夫です。

 

タバコに対してこういう考え方を切り替えないと、禁煙を始めてもすぐに諦めてしまいがちです。

 

僕が禁煙成功した時は、こういう考えを変えてから禁煙しました。

タバコは吸わなくても生きていける」とタバコを見つめながら喫煙したこともあります。

 

まずは、こういう考えをしっかり変えるために時間を使いましょう。ちなみに僕は約1週間ほどかけて考え方を変えました。

 

タバコは人間にとって不要なものっていう考え方に切り替えることができたら、僕は次に禁煙する方法を考えました。

会社の同僚や知人には愛煙家がいて、禁煙しても諦めた人が多くいたため、同じ方法では意味がないと感じていたためです。

 

そのほとんどは飴やパッチなどでした。

 

腕にパッチを貼ることで抑制できて禁煙に繋がりやすかったり、禁煙するために飴で対策をしていましたが、1週間もすればタバコを吸っている人がほとんどだったのです。

さらに飴やパッチで禁煙しようとした人のその後をみていると、明らかにタバコの量が増えていたのです。

このことから飴やパッチでは意味がないんだって実感しました。

僕が成功した禁煙方法

禁煙が成功

ここから僕が成功した具体的な禁煙方法をご紹介します。

この方法をするまでにタバコへの考え方はしっかり変えてくださいね。まだ中途半端な考えだった場合、すぐに禁煙失敗となって本数が増えるだけです。

タバコとライター、灰皿は全て捨てる

灰皿を捨てる

まずは、吸っているタバコを雑巾絞りのようにしてから捨ててください。あと、数本で1箱が終わるので、それから捨てようということはせずに、タバコが残っていても捨ててください。

家に保管してあるタバコも全て吸えないように雑巾絞りにして捨ててください。勿体ないから友人にあげようということもしないでください。今まで不要だったタバコを買っていたことが勿体ないです。

 

そして、ライターや灰皿、タスポも全て捨てます。

電子タバコの場合にはカートリッジや充電で関係するものを使えないように、ハサミで切ったり叩いて捨てましょう。

捨てる時には「なんでいらないものを持っていたのだろう」という気持ちで捨てるようにしてくださいね。それによって、また買わなきゃという想いが低減します。

この時点で、自宅にあるタバコ関連は全て無くします。

部屋の掃除をする

禁煙する時には部屋掃除

次に部屋の掃除をします。

部屋掃除の目的はタバコ臭いを断つ事です。カーテンや衣類は洗濯したり、壁やエアコンは濡れ雑巾などで拭き取ります。掃除した後に風通しを良くすると、タバコ臭がさらに消えます。

もし、カーテンや衣類のタバコ臭が消えない場合には買い替えるくらいでもいいです。

 

車に乗っている人は車の掃除も行ってください。

タバコの関連グッズを全て捨てても、臭いでタバコを思い出して吸いたい気持ちになりやすいので、年末の大掃除レベルで徹底的に掃除すればするほど、タバコへの逆戻りが防げるはずです。

飲み会には出席しない

飲み会に参加しないで禁煙

禁煙してから逆戻りしてしまいがちなパターンは、飲み会への出席です。

飲み会で酒が入ると、「いつも禁煙で頑張っているから今日くらいは良しにしよう」という気持ちに切り替わってしまい、再びタバコの世界になってしまいます。

自宅で一人酒しても吸いたくなる場合には、それも一定期間やめます。

 

僕は禁煙中に会社での飲み会があって参加した時に、タバコを吸ってしまったことが2回ほどありました。愛煙家の同僚は禁煙中の僕をみて、「今日だけタバコを吸おうよ(笑)」という誘いもあって失敗でした。

 

しかし、これは同僚が悪いのではなく自分の意思が足りなかったことに繋がります。本当に禁煙したいって考えているのなら、同僚にタバコを勧められても断らなきゃいけない。

そんなこともあって辿り着いた答えは、飲み会には参加しないことでした。

 

ただ、ずっと参加しない訳ではありません。それまで飲み会に参加していた僕が急に参加しなくなると付き合いが悪いと思われるのも嫌です。

そこで、期限付きで飲み会への参加を断るようにしました。

 

僕の場合は、3ヶ月禁煙できたら再び吸いたいって思わないと分かっていたので、禁煙開始から約3ヶ月間はどんな飲み会に誘われても参加しませんでした。

 

僕のように自分の意志が弱い人や誘惑に負けてしまう人は、飲み会に参加しないという根本的な部分を断つ事で禁煙に近づくことができるはずです。

ガムを噛みまくる

ガムで禁煙を目指す

禁煙を始めて1ヶ月間は吸いたい気持ちになることがかなりありました。そんな時におすすめなのが、ミント系ガムです。

 

僕はミント系で味が長持ちするガムをボトルで購入して、今までタバコを吸っていた時間をガムに置き換えるようにしていました。

数日で1ボトルの消費でしたが、タバコ代に比べたら安いものです。

当時のタバコ代は1ヶ月1万円以上でしたが、ボトルガムは1ヶ月6千円程度、タバコよりもはるかにお得です。

 

ガムの種類はミント系のタブレットガムが味も長続きするのでオススメです。

 

この当時の僕は、タバコを吸いたくなったらガムを噛みました。これで、タバコを吸いたいって気持ちがかなり紛れるようになったのです。

 

ただし、ミント系ガムには注意が必要です。

長時間にわたって噛みすぎたりすると、胃酸が多く出やすくなるため口内炎になりやすいです。

 

僕は同じガムを味が無くなるまで1時間以上噛み続けたことがありました。そんな時、口内炎ができやすくなっていて病院で診てもらったら、ガムの噛みすぎが問題と分かりました。

ガムを長時間噛みたい場合には、15分程度したら捨てて新しいガムを噛むようにした方がオススメです。

禁煙に成功してから逆戻りしません

禁煙で成功

僕は、この禁煙方法で成功してから10年以上経っていますが、これまでタバコを吸いたい気持ちに戻っていません。それは、タバコは人間にとって要らないものという考え方があったおかげだと思っています。

これまで禁煙を成功できていない方は、ここまでご紹介してきた方法を挑戦してみてください。

  1. タバコは人間にとって不要と思う事
  2. タバコ関連はすぐ捨てる
  3. 部屋や車の掃除してタバコ臭を取り除く
  4. 禁煙の意思が弱くなる場所には行かない
  5. ガムで置き換える

この5つのポイントを守っていただくことで、きっとやめれるはずです。

「大丈夫!これならタバコをやめれる!」

こういう気持ちになることができたなら、今すぐに挑戦することをオススメします。

田舎でのんびり暮らしています
こーやん

アラフォーで妻と愛娘がいるWeb系フリーランスの僕が、これまでの病気や仕事、田舎に関することなど体験談をもとにして、嘘偽りのない情報を発信します。

ブログを少しでも楽しんでいただくために、僕の自己紹介や略歴もご覧いただけたら幸いです。

こーやんをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ

未分類
スポンサーリンク
こーやんをフォローする
こーやんブログ