フリーランスで仕事がない!そんな時の仕事を見つける方法

フリーランスで仕事がないサイト運営
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、Web系フリーランスで8年目のこーやんです。

 

フリーランスになりたての人やこれからフリーランスになろうとしている方の中には、これから仕事がくるかどうかの不安があることでしょう。

  • フリーランスになりたいけど、仕事が継続で受注できるか不安
  • フリーランスになったけど、もっと仕事を受注したい

僕も8年前のフリーランスになる前はものすごく不安でした。僕の場合は制作会社に勤めることもなく、一念発起で習得したスキルだけでフリーランスになったので珍しいかもしれません。

こんな僕でも毎年、定期的に仕事を受注できていて、その売上だけで家族を養うこともできています。それに、毎年の収益がおかげさまで右肩上がりです。

 

しかし、僕の周りでは「仕事がなくて困っているんだけど、何か仕事させて欲しい」と連絡がくることがあります。中にはフリーランスで働いていたけど、仕事がないので制作会社に勤め始めた方もいるほどです。

 

フリーランスなら仕事は欲しいものですよね。そこで今回は、ここまで僕が仕事を続けることができた方法についてご紹介します。

  • フリーランスで仕事がない人
  • フリーランスになろうとしている人
  • 少しでも安定して仕事をしたい人

このようにフリーランスでお悩み中の方が最後までお読みいただければ幸いです。もし、宜しければこーやんのプロフィールもご覧ください。

スポンサーリンク

仕事がない原因を見つける

フリーランス仕事無い

まず、仕事がない原因を見つけることが先決です。

  • 自分が持っているスキルが何があるのか分からない

これはもう論外です。まずは見つけてください。

 

フリーランスになるのであれば、何かしらのスキルを身に付けておかなければいけません。Web系に例えると、Web集客が得意だったり、コーディングやデザインスキルがあったり、サーバスキルがあるなど、どんなことでも特化していることが大切です。

ただ、習得しているスキルが広すぎても仕事に繋がりにくい可能性があります。僕はWebデザインを外注することがあるのですが、最近はDTPデザインとWebデザインを5:5で制作業務にしている方への依頼をやめています。

その理由は、以前にWebデザイン発注したのにDTPデザインと同じように制作される方がいて、修正するまで非常に時間がかかってしまった経験があるからです。(この時の案件は赤字でした・・。)

このことから、僕は守備範囲が広いフリーランスよりも9割はWebデザイン専門という狭い守備範囲でスキルが高い方に発注依頼しています。

全てのデザイナーが悪いという訳ではありませんが、マルチプレーヤーのようなデザイナーに出会ったことがありません。

僕がフリーランスを目指そうとした時は、HTMLとCSSだけのスキルしかなかったので、仕事は少なかったです。そこで、WordPressスキルを習得するため勉強会などに参加しました。おかげで今ではテーマやプラグインのカスタマイズもできるようになりました。

さらにWebディレクション業務もしたことでクライアントの窓口になったので、今まで仕事が続けられています。

 

こういった経験から、僕が仕事がなかった時の大きな原因はスキル不足でした。

 

フリーランスに仕事がない原因は、スキル不足、営業不足、コミュニケーションスキル不足など、人それぞれです。

このように仕事がない原因を見つけて補うことでクリアすることができ、仕事を受注できるようになれるでしょう。まずは、仕事がない原因を見つけてみてください。

案件が安定してくるためには分散

フリーランスには仕事ない

フリーランスであるあるなのですが、案件は1つの制作業者から依頼を受けるのではなく、分散して受注することをおすすめします。

フリーランスになると制作業者とも繋がる機会があり、その会社から多くの案件を受注することがあります。僕もフリーランス立ち上げ時は1つのWebコンサルから制作業者を経由して10割で受注していました。

しかし、その発注業者が倒産してしまうと、フリーランスも共倒れとなってしまう可能性があります。また、毎月安定して確実に発注してくれる業者でも急に止まる事があります。

このように1つの制作業者からの受注をメインにしていると、あとで苦しむことがあるため、複数の制作業者からの受注を取るようにして分散することが最適になります。

 

逆に発注する場合も同じです。フリーランスの中には発注する機会が多い人もいます。僕も発注することがありますが、役割分担するようにしています。そうすることで、1案件単位の売上は少なかったとしても、複数案件を同時に進めることができるのでその方が売上が上がります。

 

僕の知人は1人で受注からデザイン、そしてコーディングと全て抱え込んで制作していましたが、進行状況も思うように進まなかったため、売上が上がらずに非常にヤバい状況だそうです・・・。

 

このように受注したら一人で抱えずに分散して制作を進めるようにして、受注も1社からではなく複数社から案件をもらうようにして同時進行すれば、案件紹介が安定してもらえるようになります。

金額を絶対下げてはいけない

フリーランスは値下げしない

これもフリーランスであるあるなのですが、仕事が取れないという理由から金額を絶対下げてはいけません。

報酬単価を下げてしまうと、その金額でも制作できるんだって思われます。それに低価格で受注できたとしても自分が苦しむだけです。

例えば、制作期間3ヶ月で90万円が相場の仕事なのに、半額の45万円で受注できたとします。そうなると、当初1ヶ月30万円だった仕事が15万円。

3ヶ月間も作業を進めるのにその報酬で満足できますか?しかもその金額で生活できますか?安い金額で長期間の仕事はブラック企業レベルです。

しかも値切った客はクセが強い人が多く、やり取りするだけでも時間がかかってしまって制作期間内で終わらないこともよくあります。

 

フリーランスは技術力を売っています。それで大幅な値引きをしたら、あなたの価値はそれだけってことです。

それに価格を下げて受注できたのはあなたの技術力を買われたのではなく、安いという理由で買われたのです。そういう発注者の場合、あなたの見積よりも安いフリーランスを見つけたらそちらに発注するでしょう。

そういう客を追ってしまうと、業界最安値にするしかなくなってしまい、高作業量で低金額で非常に悪循環となります。

むしろ、高い金額にして付加価値をしていくべきです。

作業員になってはいけない

フリーランスは作業員になるな

先ほどもお伝えしましたが、フリーランスは技術力があっての商売です。

しかし、フリーランスの中にはクライアントの言う通りに制作を進める方もいます。クライアントの言う通りに制作を進めてしまうのは、ただの作業者です。

せっかく培った技術力があるのにクライアントの言いなりになってしまうと、技術力が台無しですよね。

 

作業者ではなく技術力があるフリーランスになるためには、クライアントの依頼内容に対して提案できるくらいにならないといけません。

そうなると、値切る人も少なくなってフリーランスとしての価値が上がります。

 

僕はクライアントの言われた通りに制作した事は一度もありませんし、「言われた通りに制作してくれればいい」とクライアントから指摘があればその案件から降りる覚悟です。そのくらいのプロ意識を持たなければいけないと思っています。

フリーランスはスキルと営業だけでは難しい

フリーランスは仕事ある?

ここまでお伝えしてきた内容をお読みになっていただければわかってきたと思いますが、フリーランスは技術力だけでは生きていけません。

クライアントと商談するためのコミュニケーションスキル、提案するための経験、そして営業力などが必要となってきます。

  • コミュニケーションスキル
  • これまでの制作経験
  • 営業力
  • メール対応など

これらを組み合わせることによって、営業するときに提案することができたり、値切り交渉のときにも価格が高い理由について説明することができるようになり、安い金額で受けることはなくなるでしょう。

やってはいけない!見積り提案

フリーランスの見積

僕はフリーランスとして活動していますが、同業のフリーランスから「何か制作させて欲しい」と依頼がくることがあります。

そこで、相場費用を知るために見積りをお願いするのですが、その中でちょっと驚きがあったので、あるフリーランスからいただいた見積り内容を少しだけ紹介します。

僕が見積り依頼したのは、レスポンシブデザインでトップ&下層合わせて7ページ規模のWordPressサイトです。全てのページのデザインとコーディングの見積り依頼をした結果がこちらです。

  • トップページデザイン:10,000円
  • 下層ページデザイン:36,000円
  • トップページコーディング:7,000円
  • 下層ページコーディング:30,000円
  • レスポンシブ化:10,000円
  • WordPress化:20,000円

上記の合計がなんと、113,000円!!安すぎですよね。本来の相場としては最低でも20万円以上になると思われる制作規模です。

 

しかも備考には、「初回に限り50%OFFにて対応します」と書いてあったので、56,500円でデザインとコーディングができてしまう事になります。

結果として僕は依頼しませんでした。理由は、以下のとおりです。

  • 制作途中で嫌になって途中で投げ出す可能性がある
  • 安すぎて怪しい
  • 相場を知らない

このことから発注はしませんでした。

 

今回ご紹介したように安すぎても発注しないケースがあります。安ければ良いという訳ではありません。

例えば、マイホームを購入するために住宅メーカーを見て回って相場が2000万なのに、1社だけ500万といわれたら、「あとでオプション追加されて、結果2000万以上になったらどうしよう」という不安が出てきませんか?

これと同じように相場より下すぎると怪しさが出てしまいます。

仕事が安定して受注するようになった方法

ここまでご紹介してきた内容もふまえて、僕が現在のように安定して受注できるようになった方法についてご紹介します。

特に僕と同じようにWeb系フリーランスにはおすすめです。

近くの制作業者に挨拶

フリーランスの挨拶

今日からフリーランスになりました、となっても今すぐに受注できることはまず考えられません。

そこで初めの3ヶ月は営業だと思って、近くの制作業者へ挨拶します。案外、近くの制作業者だと発注してくれる可能性が高く、僕はこれまで数件の受注に成功しています。

僕が受注成功できた方法は、簡単です。

 

まずは、あなた自身の紹介資料をA4で10ぺージ以内で作成します。その資料ができたら、制作業者に電話でアポします。僕は田舎在住なので、県内で有名な制作業者にアポの電話をしました。

次に会ってくれるところには紹介資料を持ってプレゼンに向かいます。もし、忙しく会ってくれなそうなところには資料を郵送して対応します。

その紹介資料には、最低でも以下内容を記載しましょう。

  • 自己紹介
  • 他フリーランスにはない、あなたの特徴(強み)
  • 参考価格

制作業者は、すでに他フリーランスへ発注しているところもあります。そういった場合には、比較されやすいように特徴や参考価格が大切になります。

僕の場合、3社以上からの受注がありました。

異業種の集まりに参加する

フリーランスとの異業種

同業他社との関わりも大切ですが、異業種との関係も重要です。

そこで、異業種が集まっているセミナーに参加してあなたを知ってもらうきっかけを作るようにしましょう。

僕の場合は、商工会や異業種交流会に参加するようにしています。そこで知ってもらう事ができた人から発注があったりしていて、年会費などかかるものがありますが、そのぶん受注できているので売上に繋がっています。

 

また、異業種と関わることでヒントを得ることもできます。

例えば、業界では当たり前と考えられていたことが、異業種の方々と話すことで他の業界では当たり前でないことを知って、やり方を取り入れたら売上に繋がったなど、異業種と話すことはとても大切です。

これによって、制作業者を介さずに直接受注する可能性も増えます。僕はこの方法によって多数受注することができていて、現在依頼いただいている4割程度はこういったところからの受注です。

案件紹介サイトに登録

フリーランス

そして、僕が一番取れている案件元は、案件紹介サイトになります。

ホームページ制作.jpや【発注ナビ】、比較ビズは制作希望者が複数の制作業者に一括相談や見積りできるサイトです。

特にホームページ制作のことならホームページ制作.jpは大変お世話になっているサイトで、これまで様々な案件を紹介していただいています。登録するのは1サイトだけではなく、入口を広くするために全てのサイトに登録しています。

こういったところに登録することで、あらかじめ決めていた条件を決めていた発注希望者と連絡することができるようになっています。

僕はこの方法によって多数のクライアントからの受注することができるようになって、こういう案件紹介サイトがなかったら、今の僕はいません。

案件は多方面から受けるようにする

僕は、フリーランスなりたてのころは1つのWebコンサルから制作業者を経由して孫請けで、ほぼ100%受注していました。

しかし、これではWebコンサルの業績悪化となれば共倒れしてしまう可能性が考えられたため、ここまでご紹介してきたように分散して受注をしています。

  • 近くの制作業者からの受注
  • 異業種の集まりに参加
  • 案件紹介サイトに登録

この3つから案件を受注すれば、分散されるため共倒れするようなリスクはありません。もし、仕事の方向性にお悩みの場合には、本記事をご覧になった後にすぐ行動することをおすすめします。

田舎でのんびり暮らしています
こーやん

アラフォーで妻と愛娘がいるWeb系フリーランスの僕が、これまでの病気や仕事、田舎に関することなど体験談をもとにして、嘘偽りのない情報を発信します。

ブログを少しでも楽しんでいただくために、僕の自己紹介や略歴もご覧いただけたら幸いです。

こーやんをフォローする

ブログランキング・にほんブログ村へ

サイト運営フリーランス未分類
スポンサーリンク
こーやんをフォローする
こーやんブログ